消費者金融で行う借り入れの審査について

消費者金融は保証人や担保を取らないところもあります。
ですので完全にその人を信用しての融資になります。
信用して融資をしていい相手なのかどうかを調べるために審査を行うのです。

この審査はいくつもの判断材料を総合して融資の可否を決めます。
まずは属性です。その人の年齢や職業などがこれにあたります。
年齢は若いほうが有利なのですが、若い方で現時点で年収が少ない方は不利になります。
また職業の種類でも有利不利などがあります。
基本的に信用が高いのは公務員です。その次に会社員になります。
年収は決して多くなくても信頼の得られる属性なのです。

どうしてなのか?

その理由は安定した仕事だからです。
逆に収入が多くても水商売や自由業などは安定した収入が見込めない属性ということで
消費者金融からの信頼が得られないことがあります。
それから消費者金融で結構重視されるのは年収です。
年収が多ければ多いほど返済能力があるとみなされ、審査に通りやすくなります。
ただあまりにも年収が多いのにも関わらず消費者金融からお金を借りるようでは
逆にお金の使い方に問題がある人と判断されてしまう可能性があります。

審査で重要視されるのは

審査で最も大事なのは消費者金融の団体で作る信用に関するデーターベースです。
消費者金融に借り入れの相談をしてきた方の名前などを入力することによって
その方の借り入れの状況などがすぐに分かるのです。
どれだけの消費者金融からお金を借りていて、さらに返済の状況などもわかります。
さらにその方の過去の返済状況なども分かるのです。

ブラックになるような情報、つまりは金融事故をした情報をなども掲載されていますので、
それらを見て判断をします。
勿論ブラックの方は信頼に欠けますので大体の消費者金融で融資を断られてしまいます。
過去に全く借り入れのない方はブラックの情報などは勿論ありませんが、
信頼関係はまだできていませんのでそれほど多く借りられない場合もあります。
審査の可否はその人の信頼を示す指標ともなるのです。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融道 ALL RIGHTS RESERVED.