所得証明が不要な消費者金融があります

消費者金融でカードキャッシングの申し込みをするときには、
身分証明書と連絡先、勤務先、それに所得証明が必要です。
どこの誰かがはっきりしない人に融資してくれることはないように、
収入があることも証明しないと借入れは出来ないのが当然です。

その為に勤務先の連絡先と所得証明が必要になってくるのです。
消費者金融ではいわゆる総量規制により、年収の1/3までしか
借入れできなくなっています。
また総額で100万円までの借入れしか出来なくなってもいます。
このことから年収がいくらであるか、他社借入れがいくらあるかなども
非常に重要なことになっています。

この為に新規の申し込みの時には、所得証明として給与明細や、
源泉徴収、確定申告などが必要となっています。

借入額によっては所得証明が不要

しかし借入れ限度額が少ない場合には、省略できるとしている
消費者金融がほとんどです。
多くの消費者金融では借入限度額が50万円以下、もしくは30万円以下では
所得証明を提出しなくてもいいとしています。
アルバイトやパートの場合には所得証明も出しにくいので、これは助かります。
現在、大手の業者ではほとんど限度額50万円までは所得証明が不要になっています。

しかし他社借入れがあり合わせて100万円を超えるようなら
やはり所得証明が必要なようです。
しかし所得証明が不要なのと、所得がなくてもいいのは違います。
所得そのものは必ず必要です。
アルバイトでもパートでも勤続が短くても申し込み金額が少なければ
審査は通る可能性が高いです。

銀行などの場合は所得証明が不要な場合も

補足情報になりますが、所得証明証については貸金業法でのきまりとなるため、
銀行での借り入れの場合には、50万円以上の借り入れであっても、
所得証明証の提出は法律では義務付けられていません。

提出を求めるかどうかは、それぞれの銀行の独自の判断となってきます。
ですので、100万円の融資を希望しても提出を求められないケースもあれば、
30万円の融資を希望しても提出を求められるケースもあります。

また、消費者金融においても50万円以上では、法的に必要となりますが、
50万円以下の場合でも業者独自の判断において、
審査の際に提出を求められる場合もまれにあります。
もしも提出を求められた場合には、所得証明証をすみやかに提出することが、
審査通過のための近道であるともいえます。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融道 ALL RIGHTS RESERVED.