消費者金融の金利で利息が決まります

消費者金融でお金を借りると金利により利息を支払う必要があります。
この金利というものは法律により上限が定められているのです。
大体は年利になっており、一年間にかかる利息の率ということになります。
ただここで勘違いをしてはいけないのは100万を1年間10パーセントの金利で
借りた場合には110万万円を一年後に返済すればいいということではありません。
大体消費者金融では返済日というものが一ヶ月に一度定められていますので、
そのときに決まった分だけ支払う必要があるのです。

消費者金融によって金利が違う

消費者金融ごとに金利は全く違います。
高いところと低いところでは二倍近くの差が出ることもあるのです。
ですのでできるだけ低い消費者金融で支払う必要が出てきます。
短期的に借りるだけでしかも小額の融資の場合にはそれほどの差にはなりませんが、
これがかなりの額で長期的な返済となりますと大きな差を生むのです。

そして他にも消費者金融では信頼のあるお得意様向けの優遇金利という物を設定していることがあります。 これは通常よりも安い金利で借りられるというものなのです。 優遇金利は信頼関係ができてこそ適応される金利なのです。 低い率で設定しても信頼があるので貸し倒れのリスクがありません。 ですので安く借りさせてくれるのです。

そして逆に消費者金融では罰則の利率で利息を請求することもあります。
これは本来よりも高く設定されるものなのですが、
延滞などを起こしたときには通常の利率ではなく多い利率で請求されてしまうのです。

非常に勿体無いですので絶対に消費者金融からお金を借りるときには
延滞などをしてはいけません。 利率が1・5倍ほどになることもあるので
結果的には利息も1・5倍支払う必要 が出てくるのです。
利率は消費者金融の比較の材料ともなり、一番重要な部分となります。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融道 ALL RIGHTS RESERVED.