お金がない!携帯料金を払えずキャッシング。

携帯料金の支払いの為にキャッシングする方もいるようです。
最近の携帯代の支払いについては
ちょっと気をつけた方が良いのでちょっと説明しておきます。
スマホに変更している方はほとんどが対象になるかと思います。
結構消費者金融でキャッシングする時の疑問として、
携帯代をどうこうしていいものかと思うことが多いと思います。ではどうぞ。

携帯の支払いは遅れてはいけない

支払いに遅れてはいけない!のは当たり前なのですが、
今までの支払いとは意味合いが少し違います。
昔は0円携帯であったり1円携帯など、端末の価格が比較的安かったと思うのですが、
スマホに変わってから、どうしてこんなに端末代が高いの?と感じたかと思います。

実際に端末代に関しては、サポート代などがあり、実質0円みたいになっていますが、
ここが注意するポイントで、実はローンを組んでいるんです。

毎月の携帯代は携帯使用料と分割した端末代金が含まれています。
おそらく明細には端末代と同等の価格が引かれているはずです。

なので実質0円で購入できているのですが、この契約はローン契約になっています。
そのため、携帯代の支払いに遅れてしまうと、
ローンの支払いが遅れてしまったことになります。
きちんと確認した方が少ないかもしれませんが、
携帯購入の際にローン契約を結んでいるはずです。

このローンは、他のローンと同じで、支払いに遅れたりしていると、
信用情報に傷がつきます。
信用情報に傷が付いてしまうと、新しくクレジットカードが作れなかったり、
住宅ローンを組む際の審査に影響してきます。簡単に考えかちですが注意が必要です。

意識せずにローンを組んでいたりするので、遅れる方が多く問題になっているみたいです。

携帯代の支払いにキャッシングを利用する

支払うお金がある場合は関係ないのですが、支払うお金が残っていなかったりして
支払い期日が近い場合、キャッシングを利用すると即日で借入が可能なので、
支払い出来ずに、信用情報に傷がつくよりもキャッシングして支払った方が無難です。

前提として、給料日が近いなど、お金が後々入ってきてすぐに
返済が出来る場合にしましょう。キャッシングは短期での利用がとても向いています。
どうしても困ったときは利用するのも一つの方法です。

携帯料金に限らず、信用情報に関係する場合には、
とにかく支払いを滞らせないようにしておいたほうが無難です。
しかし、そう言ってしまうと消費者金融からの借り入れ自体も同様なのですが、
この返済をするために他から借り入れてしまうと、
自転車操業となって本当に抜け出せなくなってしまうケースが多いものです。
くれぐれもそこまで行ってしまわないように気をつけましょう。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融道 ALL RIGHTS RESERVED.