消費者金融で発生する過払いは請求できます

最近過払い金請求という言葉をよく耳にするかも知れませんが、
これはどのような意味なのでしょうか。
通常の金利については消費者金融の金利で利息が決まりますで触れましたが、
過払い金とは本来は支払う必要のない利息を消費者金融に支払った場合に
使われる言葉なのです。 消費者金融には利息制限法という法律が適応されます。

利息制限法について

利息制限法では金利として設定していい上限の額が記されているのです。
この金利は借り入れをする額により上限が違いますし、
また罰則金利を設定する場合でもその上限が決まっています。
罰則金利の場合は通常の利息制限法の上限金利1.46パーセントと決まっているのです。

もしもこれらの利息よりも多く消費者金融に支払った場合には過払い金が発生していますのでその過払い金に関しては返済してもらえます。

過払い請求について

消費者金融に対して過払い金訴訟を起こして実際に返済されたという事例も
沢山あるのです。さらにこの過払い金には利息が発生します。
返済されるまでの日数によって計算され、利息がが上乗せされます。
ですので実際に発生した過払い金よりも多くのお金が戻ってくることもあるのです。
ただし消費者金融はなかか過払いのお金を返済してくれないこともあります。
あまりにも裁判が長期化することが懸念されるのでしたら、
利息の分は請求せずに多く支払った分だけ返還をしてもらうように
交渉をすることもできます。利息はいい交渉材料にもなるのです。

まず多く支払いすぎた利息を返済してもらいたいのでしたら
消費者金融との取引の記録などを用意しなければいけません。
そしてどれだけの払いすぎたのかをきちんと計算する必要があります。
実は多く支払っていないこともあるのです。

もしも記録などを失ってしまった場合には消費者金融会社に
明細をもらうようにしてください。
拒否されることもあるかも知れませんが取引の記録などは法律によって
義務付けられているのです。

ただしこれにも期限がありますのでその期限までには
消費者金融にもらうようにしてください。

COPYRIGHT© 2013 消費者金融道 ALL RIGHTS RESERVED.